肝機能改善

肝機能障害の種類記事一覧

肝臓は、体の中の臓器でも最も大きい臓器で、成人で800〜1,200gもの大きさがあります。肝臓の働きは大きくて「代謝機能」、「解毒機能」「貯蔵機能」「排泄機能」と、体の栄養のすべてを取り仕切っています。そんな大きな働きをしているのに、肝機能障害の特効薬もなくおまけに肝臓は手術もできません。胃は、胃の一部を切る取るだけでなく、胃の全摘出の手術まであります。腎臓は2つあり、一つを取ってももう一方で補い...

肝機能障害の種類には、肝硬変がありますが、肝硬変は肝機能障害の中でも最も重い症状となります。肝硬変に移行する肝機能障害には、次のようなものがあげられます。一つには、ウイルス性のB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスです。二つ目は、自己免疫性自己免疫性肝炎と、原発性胆汁性肝硬変です。三つ目は、非アルコール性脂肪性肝炎があり、四つ目は、アルコール性、そして五つ目が、代謝性ヘモクロマト-シスウイルソン病など...

肝機能障害の種類には、薬物による肝機能障害があります。薬は本来病気を治すためのものなのに、誤った使い方によって肝機能障害を起こしてしまいます。薬物性肝機能障害の原因には、中毒性のものと体質的に特異体質のものとがあります。特異体質にも、アレルギー性のものと、代謝性のものがあり、個人の体質によるものなので予防が難しいという面もあります。薬物性歓喜の障害の原因として多いのは、抗生物質、解熱鎮痛薬、精神神...

よく化学工場の働きに例えられる肝臓は、腸で吸収された栄養素を、肝臓で代謝をするほか貯蔵もしています。また、胆汁を分泌し解毒や排泄するのも肝臓の役目です。このように生命の維持欠かせない働きをいくつも担っている肝臓だけに、肝臓の障害で起こる病気の種類も、程度の軽いものから、生命の危険のある重いものまで数多くあります。肝機能障害のなかでも重傷なもののひとつに肝性脳症があります。この病気は重度の肝硬変や劇...

肝臓の病気自体は痛くもありませんし体の苦痛はないのですが、私の場合はウィルス性の急性肝炎になっただけでも、辛かったものです。幼稚園入園前の我が子をお姑さんに預かってもらっての入院でしたから、毎日ベッドの上で泣いていました。今から考えれば、なんとまぁ意気地のない私でした。^^;しかし、その時の切なさゆえに、徹底的に健康には気を付けるようになり、今では20年以上も風邪薬ひとつ飲んだことのない丈夫な体に...

肝機能障害が招く病気に、胆汁うっ滞がありますが、胆汁の流れが滞ったり、あるいはまったく停止している状態の病気です。 この病気になる原因には、肝機能障害の他にも、胆管や膵臓の病気からもおこります。原因が肝機能障害でも消化器系の病気となります。胆汁うっ滞の病気が出る症状には、皮膚が黄色くなったり、白眼が黄色くなります。いわゆる黄疸の症状ですね。私がウィルス性肝炎になったときも白目が黄色くなり、家族に「...

肝臓はとても我慢強い臓器のうえ、再生能力も強いものがあり、7〜8割を手術で切除しても1年という驚異的な早さで元に戻ります。したがって肝臓肥大は治る可能性が大きい肝臓は、傷がつくと傷ついた部分を治そうとして修復にがんばりますが、そのときに起こる炎症反応のひとつが肝臓肥大です。肝臓の周り細胞内の容量が増えて、腫れとして表れるのです。肝臓肥大の原因には、肝臓の状態が悪いとか、あるいは病気、そして脂肪肝や...